« CF PowerMonster 旧型の恩恵 | トップページ | Macintosh Plus 忘備録 »

2016年7月15日 (金)

前回のCF PowerMonsterから

部屋の片隅に転がっている不要なジャンクパーツを活かしてもらえるのは嬉しいことである。

前回、現行のCF PowerMonsterがジヤンパーピンによるターミネータ解除ができなくなっており残念と書いたところ、これまた前回アドバイスをいただいたNAG様よりターミネータ切替可能なPCMCIA card driveをお送りいただくという展開となった。

ジャンクパーツのお礼ということでありましたが、ジャンク品とは釣り合いの取れない素敵な製品に恐縮しております。
昨年のWGS9150の件からの有難いご連絡に改めて御礼申し上げます。
皆さま本当にありがとうございます。
さて、今回いただいたカードドライブにつきましては、事前に一連のチェックをしていただいており私は何もすることはありません。
期待していなかったスマートメディアの使用も可能、前回のPowerMonsterとは違いメディア差し替えもケースを開ける必要が無く、とっても便利です。
また、前回いただいたアドバイスのPlusで使う際の40番RST線カットも必要が無く、SCSI対応のコンパクトマックにとっては本当に心強い存在となりそうです。
大切に使わねば!
Pcm1
まずはClassicにて検証。
Pcm4
Pcm2
懐かしのSilverliningでスマートメディアをフォーマット。
Pcm5
CF PowerMonsterでは苦労したPlusでの
起動ディスクとしての使用もクリア。
Pcm3
残念ながらモデルナンバーから製品情報を知ることは
できませんでした。

|

« CF PowerMonster 旧型の恩恵 | トップページ | Macintosh Plus 忘備録 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/63919246

この記事へのトラックバック一覧です: 前回のCF PowerMonsterから:

« CF PowerMonster 旧型の恩恵 | トップページ | Macintosh Plus 忘備録 »