« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月 7日 (火)

CF PowerMonster 旧型の恩恵

やがて寿命となるSCSIドライブの代用品としてCFが使えるということで数年前に購入した旧型PowerMonster。

これまで座布団型ケースに入れてSEの起動ドライブとしてこれまで不満もなく使用していたのだが、先月、何がきっかけだったか?Plusにて使おうとしたところ起動ディスクとしては認識してくれない。はて?初代SCSI搭載機ということで当時はインタリーブの設定があーだこーだと騒がれていたのを思い出し、設定値を変えながら試すも全て無視され、更にターミネーターも数種試したがこちらも無反応。
も〜ダメ、疲労感いっぱいで敗北宣言をツイッターにてしたところ何回かこちらのブログにコメントを入れてくれたNAG様より「40番のRST線をカットしたらいいのでは」とのアドバイスを頂戴する。
試した結果は大正解。
NAG様、本当にありがとうございました。
しかし、今回カットしたケーブルでは残念ながらSEにて起動ができません。
かといって使用機種を変える度にCFだけでなくケーブルの付け替えをするというのは面倒で「もう一つ追加購入をしようか」と思うのでありました。
販売元のサイトを覗いてみると前回購入した時と違い随分種類も増えているではないですか!PowerMonsterも後継機種のIIとなっているようです。
う〜どれにしようか、PowerBookでの使用も考えるとやはり2.5インチのPowerMonster IIか、いや、PowerBookは液晶の寿命でいつまでも使えないし、今後9150での使用も視野に入れると最新機種か?実用的な使用ではないけど高価ということもあり実に悩ましいのであります。
ところで、今回はNAG様の他にも海外の方からもコメントをいただきました。
その方の経験では Plusで起動できるのは旧タイプのPowerMonsterだけなようで、新型のスピード及び安定感で進化した現行品はSE以降での使用となるようです。
更に、旧型で可能だったターミネータ解除のジャンパーも廃止になっているとのこと。
取り敢えず旧型を中古で探そうという結論に至ったのでありました。
そのうち物欲も消滅するかもしれないしね!
Plus2
40番のRST線カット
Plus3
Plusにて無事起動できました。
Plus1
青い円内、ターミネータ解除のジャンパーは現行品には無いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »