« PowerBook145B 補足 Gestalt ID | トップページ | DynaMac追記 日本語環境に触れる »

2015年11月23日 (月)

初代Macの64K ROMで800K DRIVE

経年によりいつかは壊れるであろう128K、512Kの400Kドライブ。

そこで、64Kロムで800Kドライブの使用感を調べてみた。
あくまでも手元の個体でということでありますが
以前、内蔵にすればMacintosh 128Kで800Kドライブ(F51W)が使用できるという話を聞いて一度試していたのだが、記憶が曖昧なので改めて512Keに128Kのマザーを入れてみた。
【1】起動は問題ない。
【2】アプリケーションもDiskCopy以外問題なく、保存もできる。
【3】MFSフォーマットならば800Kも認識可能である。
【4】外付けを使用することができない。(400Kドライブでも)
【5】ディスクのフォーマットができない。
MFSの800Kフォーマットは512Ke/Plus/Classicの3機種にて
作成可能でありますが、【5】のフォーマットができないというのは大問題。
HD20initを認識できない128Kでは、400Kドライブが必須アイテムなようです。
C2_2
ClassicではMFS800フォーマットが可能
オークションで128Kを入手する際にはドライブの確認が重要です。
400k
400Kドライブ
800k_2
800Kドライブ

|

« PowerBook145B 補足 Gestalt ID | トップページ | DynaMac追記 日本語環境に触れる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/62735060

この記事へのトラックバック一覧です: 初代Macの64K ROMで800K DRIVE:

« PowerBook145B 補足 Gestalt ID | トップページ | DynaMac追記 日本語環境に触れる »