« 存在感抜群のカメラDS-330 | トップページ | PowerBook180cの新たな液晶トラブル »

2015年10月 8日 (木)

互換機Radius81/110が抱えるトラブル

数年前から症状は出ていたが、先日まで故障と判断できなかったNuBUSのDスロットトラブル。

これまでDスロットにはRocketが入っており、トラブルの始まりが下記画像のロケット起動失敗でありました。アラートではバンクAのメモリ不良。当初はたまに出る症状も最近ではまったくロケットが起動できない状態となっていた。
Rocket1
通常Bスロットに入れて使用しているThunder IVをDスロットに入れて起動した際の症状は、普通に起動できるがポインタが反応しない。しかし、ADBが駄目なわけでなくキーボードのTABキーでの項目移動及び文字入力は可能。
???
Thunder IVをBスロットに戻し、純正8・24をDスロットに入れた状態で起動。
ここでも普通に起動でき、モニタも認識できる。
しかし、ポインタを8・24側に移動させるとフリーズしてしまう。
Radius2
?????
アルミコンデンサの交換にDスロットの半田やり直しなど、やってみたけど改善されず、今のところ原因は不明です。
暫くは分解された遭われな状態かな〜
Radius3

|

« 存在感抜群のカメラDS-330 | トップページ | PowerBook180cの新たな液晶トラブル »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/62434777

この記事へのトラックバック一覧です: 互換機Radius81/110が抱えるトラブル:

« 存在感抜群のカメラDS-330 | トップページ | PowerBook180cの新たな液晶トラブル »