« 互換機Radius81/110が抱えるトラブル | トップページ | Fat Binaryの恩恵、9150とRocketで分散レンダリング »

2015年10月12日 (月)

PowerBook180cの新たな液晶トラブル

数年前に液晶の調整をした2台の180c。

一台は箱に入れ保管、もう一台を頻繁に通電させていた。
先月使用した際には問題なかったはずだが液晶に変色を発見。
輪を描くように白く大きなシミがある。
1801
念のため箱に入れてある180cを確認したが、こちらには問題無し。
問題の液晶をバラしてみたが今回はどうにもならないようである。
通電による液晶の劣化とすれば、前回の調整に問題があったと思われる。
とりあえず正面から見た際には支障がないのでこのまま行けるところまでと思う。
1803
1804
1807
93年夏に発売となった180cは鮮明なカラー液晶が特長のモデルであったが、
同時にその液晶はウィークポイントでもありました。
消費電力が大きく、新品購入時からバテリーは50分程しか持たず、
液晶コントローラに足を引っ張られ描画性能はとても低かったのでありました。
5ヶ月程後に発売された同一液晶のDUO270cが描画性能も高速になっていることから非常に残念であります。
1805
1806
180cは発売のタイミングも不運でありました。
私を含め、始めて180cの鮮明な画面に驚いた人は多かったと思われます。
そして購入した人が更に驚いたのが拡張メモリの入荷予定無しという告知だったのではないでしょうか?
93年夏、メモリは市場に無かったのでありました。
ラムダブラーもまだ存在せず、標準の4MBではまともに使う事は不可能でありました。
あれは7月4日住友化学愛媛工場爆発事故の影響だったのでしょうか?

|

« 互換機Radius81/110が抱えるトラブル | トップページ | Fat Binaryの恩恵、9150とRocketで分散レンダリング »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

私は PB180のユーザーでした。これ一台あれななんでもできるし 抱いて寝ることもできると感動したものです。 価格も安くて生産中止の叩き売りでは20万円ぐらいでした。20万で買って20万で売れた時代でした。

投稿: 猫が洞 きよみ | 2015年10月12日 (月) 20時43分

猫が洞さん、こんばんは。
100シリーズ最高峰の定価八十数万円の180ですね。
170同様液晶の寿命が短いのが残念ですが、グレイスケールTFTは綺麗でしたね。98年頃になっても人気があったようで、液晶完品なら10万で買い取ると某ショップで言われたのが記憶に残っています。手元のもでるも10分くらいが限界です。

投稿: moose | 2015年10月12日 (月) 21時22分

初めまして!
たまたまOldMacが復活したことで、昔の熱が蘇り、こちらにたどり着きました。やはりビネガーシンドロームは、発症し始める時期なんですね。それにしても、いまだにきちんと起動することに驚きます。大事に動態保存してください。

投稿: Coupe Camper | 2015年11月11日 (水) 22時18分

Coupe Camper 様
コメントありがとうございます。
一般的な劣化とは異なるような気もしますが、今後も経過を観察していきたいと思っております。
ところで、復活したold macとは?

投稿: moose | 2015年11月11日 (水) 23時12分

Coupe Camper 様

やはり一派的な劣化だったようで
本日液晶表面に変化が起きました。

投稿: moose | 2015年12月23日 (水) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/62459007

この記事へのトラックバック一覧です: PowerBook180cの新たな液晶トラブル:

« 互換機Radius81/110が抱えるトラブル | トップページ | Fat Binaryの恩恵、9150とRocketで分散レンダリング »