« デスクトップに張り付いて29年のヘラジカTaLkingMoose | トップページ | 個人的にはThunder IV以上の24XLTV »

2015年7月12日 (日)

Classic 再びの解けぬ謎

マザーボード、アナログボード共にコンデンサ交換を済ませ安定した動作を確保したClassicでありますが、1つ解決できぬ問題が残っている。
それはメニューのEditとViewの間に入る1本の縦ライン。

デスクトップパターンを変更したり、そもそも気にしなければ良いことであるが・・・
アナログとマザーのどっちに問題があるのか?
Classic IIとマザーを交換してみるが、交換するとどちらにも症状は出ない。
まったく意地悪な症状である。

C1

C2


ところで、以前書いたメモリ1/2のマザーボードはいじっているうちに
SadMacが出るようになってしまいました。
コードが0005ということでメモリトラブルが原因でありました。

C3
左がNGとなったマザー
C4

|

« デスクトップに張り付いて29年のヘラジカTaLkingMoose | トップページ | 個人的にはThunder IV以上の24XLTV »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

うちのは多分みんな押入れの中で壊れてしまっていると思うし頼みのクイックガレージでさえもうサポートをやめてしまって10年は経つでしょうし、古いOSの動作環境を保持されている管理人さんには頭が下がります。

投稿: 猫が洞 きよみ | 2015年7月13日 (月) 21時48分

猫が洞さん、いつもありがとうございます。
クイックガレージさん懐かしいですね。
私も一度お世話になったことがありました。
電子部品が気軽に調達できる秋葉原が職場から近いので助かっています。
そういえば、パソコンショップには最近全然行ってないですね〜

投稿: moose | 2015年7月13日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/61877550

この記事へのトラックバック一覧です: Classic 再びの解けぬ謎:

« デスクトップに張り付いて29年のヘラジカTaLkingMoose | トップページ | 個人的にはThunder IV以上の24XLTV »