« 愛嬌たっぷりPerforma6420 | トップページ | Classic 再びの解けぬ謎 »

2015年6月30日 (火)

デスクトップに張り付いて29年のヘラジカTaLkingMoose

SEのケースを模したパーッケージで誠和システムズが国内販売を行っていたTalking Moose。特別役に立つわけではないし、システム自体不安定さを増すという負の部分が多いのだが不思議な魅力を放つソフトでありました。
バージョンは4.0.2で定価9,800円。これがSteve Halls氏による最終バージョンではないかと思われます。
初期のシェアウェアではモノクロで、登録されたフレーズを任意に喋るだけのジョークDAだったが、製品版ではプログラム形態がコントロールパネルへと変更され、256色対応、英語システムではダイアログの読み上げも可能となっていました。
残念ながらQuadraの040には非対応で、アイコンパレードでのcdev読み込みと同時にフリーズしてしまいます。
Quadraの速さは代償として古くからのジョーク系アプリは対応できないというちょっと寂しい現実がありました。

その後姿を消してしまったTalkingMooseでありますが、現在ではフリーウェアとして復活しているようで何よりです。

M1

M2

M3

説明書ではSystem6.0.4以降となっておりますが、6.0でも問題はなく
SweetJamとの相性も悪くはない。

M4
256色までのカラーにも対応

M5

英語システムであれば「open the window」などのユーザーアクションに加え
ダイアログの内容を読み上げることも可能となる。

M7
ヘラジカ以外にも10種のキャラクターが選択可能

ところで、デビュー時に喋り挨拶をしたMacintoshということで、DAひとつくらいなら何とかなるかなと初代128Kにバージョン1.1のMooseインストールを試みましたが

M15


M17


残念!そんなスペースはの空きはないそうです。
Macintosh512KでSystem2.0以降なら大丈夫なんですがね~

M16_2

追記

製品版の推奨システムがSystem6.0.4以降ということで再確認したところ32-bit QuickDraw対応ということであり、フルカラー表示が可能でありました。
ただし、16bitの32,000色では声だけとなりアニメーションは表示されません。

|

« 愛嬌たっぷりPerforma6420 | トップページ | Classic 再びの解けぬ謎 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/61816969

この記事へのトラックバック一覧です: デスクトップに張り付いて29年のヘラジカTaLkingMoose:

« 愛嬌たっぷりPerforma6420 | トップページ | Classic 再びの解けぬ謎 »