« PB1400アップグレード | トップページ | 愛嬌たっぷりPerforma6420 »

2015年6月15日 (月)

DuoDockダウン

我が家のDuoDockもついにコンデンサ抜けによる起動不能となったのであります。
あまり使っていないせいか、ユーザーの間で話題になった時期から大きく遅れての発生であります。

Duo9

Dockの電源故障対処法は今でもネット上で見ることができるようにC28(100μ/25v)の交換で直るそうで、今回もそれに倣って作業する。
交換パーツも1個だし、いずれ発生するならそろそろやっておくかと思いつつこれまで放置だったのはリベット留めされた電源ケースを開けるのが面倒だったから。実際この作業が一番難儀でありました。

Duo1_2

Duo2

Duo3_2
コンデンサ交換後動作チェックで一安心。

Duo4_2
分解しないとNuBUSカードを交換できない構造はNGですね。

Duo5
リベット留めが無いので今回はそのまま組立て。

Duo6

今回修理したDockはPowerBookDuo250/270c発売に合わせ登場した第2世代無印DuoDockでありますます。初代のモノクロ用Dockが挿入口開放だったのに対し防塵用(?)扉が付いており、厚みがました270c挿入のため上蓋部分の厚さが増しています。こちらもDuo本体同様上蓋交換アップグレードもありましたが、値段は記憶に無い。

Duo8_2

その後280/280cに合わせて発表されたDock II。

Dockでオプションとなっていた512kVRAM、コプロ標準装備に加え、32k2次キャッシュとEtherが新たに搭載されていて、32k2次キャッシュはともかく、NuBUSが2個ゆえにEther標準は魅力である。
その後2300cに合わせ登場したDock Plusではコプロ廃止となっており、68KのDuoではやはりDock IIがBestBuyでありました。既にヤフオクでも見かけませんが・・・

10

ノートパソコンの未来形というDuoでありますが、20年後の現実は
真逆の液晶を外して持ち出すでありましたね。

|

« PB1400アップグレード | トップページ | 愛嬌たっぷりPerforma6420 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

たびたび 立ち寄らせてもらっています。更新される記事を読んでは画像を眺めては懐かしく感じております。

投稿: 猫が洞 きよみ | 2015年6月20日 (土) 19時19分

猫が洞さん、いつもありがとうございます。記憶も曖昧な部分があり、間違いがありましたらご指摘くださいますようお願い致します。

投稿: moose | 2015年6月21日 (日) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/61748408

この記事へのトラックバック一覧です: DuoDockダウン:

« PB1400アップグレード | トップページ | 愛嬌たっぷりPerforma6420 »