« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

Kensington System Saver Mac

通称「ちょんまげ」のMac用ケンジントン製システムセーバー。

トラックボール同様Macの周辺機器としてはメジャーだが、これまで実際に装着して使用している様子を見たことはなかったし、私自身も購入したことはなかった。
そんなシステムセーバーを先日秋葉原の某ショップにて発見。
程度も良さそうだし出会うのもこれが最後かもしれないと初購入、効果がどんなものか試してみた。


1
2
3
上部ハンドル部奥のスリットからファンにより強制的に熱を吸い上げる構造で
装着した姿から「ちょんまげ」と呼ばれていた。
4
システムセーバーがプラチナタイプということで後期型Plusに装着。
上部の通気口の上に温度計を置いて簡易的に効果をみてみると、未装着時では起動後30分で35℃となったのに対し同条件で装着すると25℃。
手をかざしての体感でも放熱効果は大きいようである。
が、残念ながらモニターへの干渉が大きく常に上部が揺れている。
リアルタイムで購入したとしても、これでは装着して使用する気にはならなかっただろう。
5

ケース内部に防磁シールド等は一切なく、ファンを止めるか、画像のようにファンの位置をかなりMacから離さない限り画面の揺れはおさまらない。
6
7
解決策があれば良いのですが・・・

追記
しっかりとアースを取り、金属製フィルターを取り付けることで画面の揺れは気にならない程度になった。
Img_6317

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

FinderユーティリティWorkspace

Ws1

ark workspaseは91年に発売されたFinderユーティリティである。
System6.0.5以降対応で、13インチ256色対応のカラー用とモノクロ用が同封されて149ドル。本体形式はアプリケーションで起動項目としておくと有効である。

Ws2

当時そのインターフェイスはデスクトップメタファー解説に雑誌等で使用されていたが、Finder代替えでは無く、アプリケーションランチャー及びドキュメントを中心とした作業管理に特化しているためか、ゴミ箱が無いのが残念である。

Ws3

部屋は画像のデフォルトの他3つ用意されているが、カスタマイズや新規作成はできない。

左壁面にある本棚のようなものがアプリケーション収納用バインダーで、9つのカテゴリーに分類しアプリケーションを登録できる。バインダーは机にドラッグするとマウスや鉛筆のキャラクターが現れ、ダブルクリックすることで登録最上位(最初)のアプリが起動される。

Ws4

右壁面のキャビネットはプロジェクト保存用で、引出しの中に一段落したプロジェクトを収納し現在進行形が手毎のラック及び机上にと推奨している。

新規プロジェクトを作成し内部に各ドキュメントを収納、各ドキュメント一覧をプレビューすることも可能となっている。

Ws5

Ws6

知るかぎりでは国内正式販売はされず、本国での売り上げも伸びなかったのか1.0以降の開発は無かったようで、翌92年以降はWindowsへと市場を移行したようである。

当時から探してはいたが見つけることができず、今回20年以上経過してのご対面となったが、当時購入できていたら相当盛り上がっただろうというのが正直な感想である。もう少し真剣に探せばよかったな~

Ws8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »