« StyleWriterII あまり知られていないサインの存在 | トップページ | radius81/110 »

2013年10月 5日 (土)

Macintosh 128Kのアナログボード

カタログの透視イラストに描かれているように初期128Kのアナログボード上部にはRFIシールドが装着されている。

Rfi

2
3
5
6








パーツ番号805-0563となるこのシールドの存在、放熱の妨げになっているのは明らかであり後のモデルでは存在しない。

4


これまでは改善策として廃止されたのだと思っていただが、先日何気なく120V・240V兼用のインターナショナル版アナログボード(84年)を眺めていて・・・
パーツ点数が増えたせいかパーツの装着位置が上部に移動してシールドが装着できないではないか!

インターナショナル版アナログボードの登場でということか・・・?
ま~どうでもいいことだが

7
8
9










|

« StyleWriterII あまり知られていないサインの存在 | トップページ | radius81/110 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/58323775

この記事へのトラックバック一覧です: Macintosh 128Kのアナログボード:

« StyleWriterII あまり知られていないサインの存在 | トップページ | radius81/110 »