« 地味な名機2、LC III | トップページ | Quadra840AV »

2013年3月28日 (木)

TempestとCyclone その1

Centris660AV(Tempest)とQuadra840AV(Cyclone)は93年10月に発売されたAV機能搭載モデル。

Ct1

共にAT&TのDSP3210をマザーボードに搭載し、ARTA(Apple RealTime Architecture)による限定的マルチタスクを可能としていた。
当時購入することはできなかったが、大きな仕様変更により多くのトラブルと、PowerMac発売直前のキャンペーンが印象深いMacintoshであります。

Centris660AVは同年2月に発売された610の後継モデル。
ピザボックスタイプのケースデザインは元祖ピザボックスのLC系と比較すると非常に大きい。

Ct2

Ct3

Ct4

マザーボードには2つのメモリスロットがあり、オンボードの4MBと合わせ最大64MBまで拡張可能となている。32bitアドレッシング固定となりメモリコントロールパネルから24bitアドレッシングモードを選択することはできなくなっている。

Ct7_2

Ct8

Ct9

610にあったVRAM用拡張スロットはスペースの都合からか廃止されたが、オンボードが1MBとなり610同様16インチモニタで16bitカラーの表示が可能である。

Ct5
マザーボド上に実装されたAT&TのDSP3210(55MHz)、212ピン拡張スロット、高速通信用のGeoPort(モデムポート)がもたらす新機能ではあったが、その内二つが国内販売モデルでは使用できなかったのは非常に残念であった。

Ct10

国内モデルで省略された新機能一つ目は音声認識・操作を可能とするPlainTalk。
後に試してみたところ、自分が話しかけても全くの無反応。北米のイントネーションを認識するということだったので、ちょっと北に行きすぎるか〜と思いつつ書いたフレーズをTalkingMooseに喋らせたが、やはり無反応。
結局2台並べてMac同志で会話させるしか反応してくれなかったのでありました。

自分が蚊帳の外という状況に一瞬恐怖を感じたような記憶がある。
Ct6
二つ目がMacに留守番電話機能を追加するApplePhone。
従来の8ピンより一つ増え9ピンとなったGeoPort用オプションとして発売されたGeoport Telecom Adapter。国内では14.4kbpsのモデムという認識でありましたが、本来付属しているはずのアプリケーションApple Phoneを使えば電話としても使用可能でありました。当時は認可の問題があったのでしょうか、非常に残念でありました。

Ct11

Ct12
ところで、Centris660AVを含め、初期のCD-ROMドライブ搭載Macに使用されていたキャディー式CD300i及びCD300Plusでは、ゴムが溶けるような異臭がする場合かなりヤバイ状況である。急ぎ分解し、運が良ければコンデンサ交換で今後も継続使用が可能であります。

Ct13

Ct14

Ct15
搭載されたAV機能については、660ではビデオ入力が8bitカラーまでとなっており次回840で書こうと思う。

|

« 地味な名機2、LC III | トップページ | Quadra840AV »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/57047085

この記事へのトラックバック一覧です: TempestとCyclone その1:

« 地味な名機2、LC III | トップページ | Quadra840AV »