« Classic メモリ1/2の謎 | トップページ | Macintosh Color Classic »

2013年2月 3日 (日)

SuperMac DigitalFilm

国内販売価格は、Adobe Premiere、CoSA AfterEffectsがバンドルされて110万円。
DigitalFilmは、92年12月に発売されたスーパーマックのハイエンドビデオ編集システムで、残念ながらリアルタイムに触れる事は一度もできなかった製品であります。

1

2

3

12

当時の広告によると「フルスクリーン、フルモーション、フルカラーのビデオ、オーディオの取り込み、出力を実時間で可能にする、プロのためのビデオ編集システムです」ということで、SMPTEタイムコードもサポートしていた。
当然ながらシステム環境の条件も高く、フルスクリーン、フルモーションではQuadraに高速なHDDが必須でありました。

4

JPEG圧縮にはC-Cube CL550を使用。
クボタシーキューブのCompressionMaster搭載のモノより小型。

5

6

DigitalFilm1.2.1からDF XCMDスタックが付属し、HyperCard及びDirectorからフルモーション・ムービーを利用可能となっている。

7

上記広告による製品に対する期待も高く発売直後にはトラブルが多発したようだが、映像は当時の他社製品より綺麗である。
また、ビデオカードとしてもTHUNDER相当ということで通常使用でもそこそこ高速である。
ま~価格から、あたりまえではありますが・・・

8

|

« Classic メモリ1/2の謎 | トップページ | Macintosh Color Classic »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/56687447

この記事へのトラックバック一覧です: SuperMac DigitalFilm:

« Classic メモリ1/2の謎 | トップページ | Macintosh Color Classic »