« SuperMac ThunderStorm | トップページ | Macintosh Quadra950 »

2012年11月24日 (土)

Macintosh Classic II

91年10月に発表されたモノクロ・コンパクト最終モデルとなるMacintosh。
(Performa200とハード的には同一モデル)
低価格、Classicからのアップグレードを最大目標として開発された機種のようで、SE/30と入れ替わりでの登場ながらその性能はSE/30より大幅ダウンとなっていた。
また、外観がClassicと同じということもあり、同時発表のPowerBookやQuadraと比較すると地味な存在でありました。


C1

C2

C5

Classicと外観での違いはフロント及びリアパネルの機種名と背面左端に追加されたサウンド入力ポートの存在。これによりMacRecorderも不要となり、個人的にはHyperCard専用としてベストと思えるモデルである。

C3_2

Classicから唯一の変更点であるロジックボード。
増設用のメモリスロットはカードからオンボードに移動し、直付け2MBと合わせ最大10MBまで拡張可能となる。メモリスロットが在った場所には数値コプロセッサ用スロットが設置された。

C4_2

開発時間短縮、経費削減からかベースはLCとなっており共通パーツ多いようであるが、残念ながらPDSは省略されている。ボードサイズから止むを得なかったのだろうが、これによりアップグレード製品は無いに等しい。

C9

C8

Classic IIのロジックボードにはROMが128KB4個と256KB2個の2種類あるようで、画像のモデルは2個タイプ。更によーく見るとROMの選択用ジャンパーピンも存在する。
ROMの1MBの選択に2MB選択・・・・・???
どんな機種が企画されていたのでしょうかね~?

|

« SuperMac ThunderStorm | トップページ | Macintosh Quadra950 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/56179109

この記事へのトラックバック一覧です: Macintosh Classic II:

« SuperMac ThunderStorm | トップページ | Macintosh Quadra950 »