« Apple IIeあれこれ | トップページ | 【番外編】FM-XをFM-7につないでみよう »

2012年8月25日 (土)

Macintosh IIci

1989年9月発売のMacintosh IIciはIIcxの後継機。
IIcxからのアップグレードも用意されていた。

Ci1

Ci2_2

Ci4

IIcxの16MHzだったクロック数は25MHzにアップされ、2次キャッシュ用スロット、ビデオ出力回路を装備している。

Ci6
(IIcx)

Ci7
(IIci)

2次キャッシュカードは純正で32KB、サードパーテイから64KBや128KBなどが発売され容量により価格差があったが、その効果の差は殆ど無かった。

Ci15
(純正の4倍となる128KBだが効果に差は無いDIIMOの128Kキャッシュカード)



ビデオ出力が本垰のみで可能となったのだが、スペースの都合からか専用メモリはオンボードに無く、Aバンクにあるアプリケーション用RAMから最大300KB程を拝借する仕様となっていた。

Ci18

Ci9
(ビデオポートの無いIIcx)

Ci3

Ci10
(ビデオポート装備のIIci)

このためオンボードのモニタ出力を使用する際にはAバンクの容量をBバンクより少なくする必要があった。爆弾やフリーズとの遭遇を減らすためにAバンクには256KBを4枚とし、コントロールパネルのラムキャッシュの設定値をできるだけ大きくするのが有効でありました。

マザーボド上にはIIcx同様ROM SIMMスロットとROMセレクターがあるのだが、残念ながらスロットに装着可能なROMは登場しなかった。残念

Ci8

|

« Apple IIeあれこれ | トップページ | 【番外編】FM-XをFM-7につないでみよう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/55500176

この記事へのトラックバック一覧です: Macintosh IIci:

« Apple IIeあれこれ | トップページ | 【番外編】FM-XをFM-7につないでみよう »