« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月25日 (土)

Macintosh IIci

1989年9月発売のMacintosh IIciはIIcxの後継機。
IIcxからのアップグレードも用意されていた。

Ci1

Ci2_2

Ci4

IIcxの16MHzだったクロック数は25MHzにアップされ、2次キャッシュ用スロット、ビデオ出力回路を装備している。

Ci6
(IIcx)

Ci7
(IIci)

2次キャッシュカードは純正で32KB、サードパーテイから64KBや128KBなどが発売され容量により価格差があったが、その効果の差は殆ど無かった。

Ci15
(純正の4倍となる128KBだが効果に差は無いDIIMOの128Kキャッシュカード)



ビデオ出力が本垰のみで可能となったのだが、スペースの都合からか専用メモリはオンボードに無く、Aバンクにあるアプリケーション用RAMから最大300KB程を拝借する仕様となっていた。

Ci18

Ci9
(ビデオポートの無いIIcx)

Ci3

Ci10
(ビデオポート装備のIIci)

このためオンボードのモニタ出力を使用する際にはAバンクの容量をBバンクより少なくする必要があった。爆弾やフリーズとの遭遇を減らすためにAバンクには256KBを4枚とし、コントロールパネルのラムキャッシュの設定値をできるだけ大きくするのが有効でありました。

マザーボド上にはIIcx同様ROM SIMMスロットとROMセレクターがあるのだが、残念ながらスロットに装着可能なROMは登場しなかった。残念

Ci8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月15日 (水)

Apple IIeあれこれ

1983年1月から93年11月まで、10年を超える実機販売はコストダウンの系譜としてもおもしろい。

まずは起動時の画面表示がAPPLE ][の初期型IIe。
1
2
3 
II+同様しっかりした樹脂ケース(塗装仕上げ)に厚い底板となっており、底板は内部まで塗装されている。ちなみに底板に取り付けられたキーボードはII+末期の物より遥かに良い出来である。

Img_8433

最初期のマザーボード820-0064-AではAUXスロットに80COL/64Kメモリ拡張カードを入れてもダブルハイレゾにはならず、ボードのパターン・パーツ構成もRev.B以降とは若干違いがある。(画像上:Rev.A、下Rev.B)

7
6 
ちなみにAUXスロット使用時に3番スロットが使用不可(使用すると不具合が出るらしい)になるのは全タイプ共通のようである。

ケースの変更は上下同時期ではなく、初期型の段階で上部樹脂ケースが薄いタイプに変更されたと思われる。

5
底板は厚いままだが内部塗装が省略され、前部ネジ穴の数は4から3へと減少。

起動時の画面表示APPLE ][がapple //eになった85年のエンハンストモデル登場時には底板も薄いタイプに変更される。
11
底板が薄くなり強度が足りなくなったからか、キーボードは樹脂ケース側に移動。
キートップも大きい2ピースから1ピースタイプに変更され、白く大きい文字も黒く小さい文字になる。

8
9
エンハンストモデルではCPUが6502から//cと同じC-MOSの65C02へと変更され、一部古いソフトには動かない物もある。
旧モデルに対しエンハンスメントキットが販売される。
画像は上から交換用VIDEO ROM、CD ROM、EF ROM、65C02

10
Img_9205

87年には93年まで販売されるプラチナモデルが登場。
樹脂ケースはベージュからMacと同じプラチナホワイトになり、エンブレムも別パーツからシルク印刷へ。そして外見上最大の特徴である幅いっぱいのキーボードは、Macintosh Plus用とよく似たテンキー付き。

13
マザーボードは更にカスタム化され、パーツ点数も減少。
64KのRAMも32Kが2個となっている。

Img_9170

右シフトキーを除き各キーの大きさ形状共にMacのPlusと同じだが、初期のIIeプラチナモデルでは2ピースタイプ。末期になるとこれも1ピースになるのだろうか?
(画像内の色が濃いキートップは128K用の物)
14
93年11月、遂にIIeの実機は販売終了となるのだが、LC用のエミュレーターカードは95年まで販売継続。

22
どんな不具合が起こるのかは不明だが、このカードにはDuodisk及びUnidisk5.25をつないではいけないらしい。ご利用の際はプラチナカラーのApple5.25diskを!であります。
(画像は上からUnidisk、Apple5.25、Duodiskのアナログボード)

19
21
17
Duodiskのコントローラーボードについては、APPLE5.25DRIVEと書かれた物でも問題なく使用可能であります。

15 16 

また、IIeで有ると便利なのがApple II memory expansion cardでしょうか。
標準で256K、最大1MbではありますがRamdiskとして使用が可能。
エンハンストより更に使用不可のソフトは多くなりますが、MacライクなGUI環境も快適となります。

23
24
25
26 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

Apple IIeのパワーランプ切れ

83年1月から93年11月までの実機販売。
91年から95年までMacintoshのオプションとして販売されたエミュレーションカード。
Apple IIeは超ロングセラーである。

1

IIeで避ける事ができないトラブルがパワーランプの電球切れであります。
型番OL-815BPから押野電気さんのバイピンのようでありますが、はて、どうやったら入手できるのでしょうか?

2 
探すよりは代用品で済ませた方が価格的にも安く上がりそうで、まずはベース無しのサブミニチュアランプ。
1袋に20個入って700円程で購入可能となっております。これを何か適当なケースに入れて無事解決。
4 

また、先日見つけたのが電動式ペッパーミル・ソルトミルの照明付のモデルに使われているランプ。
足が若干短いのでありますが、ケースの高さも含めピッタリ!
標準で1個予備が付いていたので妻には内緒で・・・

13

5_2
6
7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »