« Macintoshの400Kドライブ | トップページ | Macintosh 512Keと・・・ »

2012年5月27日 (日)

PowerBook180cの液晶調整

93年に発売されたPowerBook180c。
多くの人を魅了した美しいTFTカラー液晶も20年近い時が経ち劣化が目立ちます。

180c1

数年前からSTN液晶のようにゴーストが目立つのだが、同世代で同じシャープの8.4インチ液晶を搭載DUO270cが全く問題ないことから液晶自体の寿命でないような・・・

分解してみると液晶脇に液漏れしたコンデンサを発見。
とりあえず全て撤去してみる。

180c2
外した後を見てみると、液漏れしていたのは1箇所だったが状態はあまり良くない。

180c3_2
全コンデンサ交換後しても元通りの美しい液晶には戻りません。
(今回の症状と関係無いかもしれないが放置は危険と思われます)

そこで液晶左脇に隠れている微調整用ダイヤルのshadowを少しだけ回してみれば、93年発表時の感動が少しだけ蘇るのでありました。

ダイヤル調整は失敗すると壊れます。あくまで自己責任で少しだけ。
また、分解時に筐体破損の恐れもあります。

180c4
180c5 

|

« Macintoshの400Kドライブ | トップページ | Macintosh 512Keと・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584760/54811144

この記事へのトラックバック一覧です: PowerBook180cの液晶調整:

« Macintoshの400Kドライブ | トップページ | Macintosh 512Keと・・・ »